深センでインターネットを使う話

 2014年12月に第2回ニコ技深圳観察会に参加したときの話を記していきます。Maker Faire Shenzhen 2015まであと2週間なので、まずはネット接続の知見共有を。

前提:「金盾」

 中国固有の事情として Google, Facebook, Twitter, LINE などへの通信が遮断されていますGoogleは検索だけでなく、GmailもMapsも使えません。あまりにも不便ですので、これを回避した回線を調達する必要があります。

面倒臭い人向け:国内3キャリアの海外パケット定額プラン

 何も考えなくても、いつものスマホで普通にインターネットが使えます。楽です。滞在日数 x 3000円を払える人はこれで良いと思います。

 使わない人も、非常時のために一読はしておきましょう。

おすすめ:Amazonで香港ローミングSIMを買う

 SIMロックフリースマホを調達できるなら(後述)、China Unicom HKが提供しているデータ通信用SIMを予め日本で買っておくのがおすすめです。国内キャリアの海外サービスも、中国ではChinaUnicomの回線を利用しています。

 中国国内で契約すると金盾の影響を受けてしまいます。香港で契約してもいいのですが、手続きにはそれなりに時間が掛かるので、日本で買っておくのが一番です。

 何種類かありますが、私が買ったものを紹介します。

「跨境王」 500MB/1週間/1500円くらい

 私が前回買ったSIMです。香港についてから指定の番号をダイヤルすることでデータプランを有効化できます。予め66香港ドル(約1060円)分のチャージがされていますが、実際使うのは「1日パス/38香港ドル/300MB」か「7日パス/78香港ドル/500MB」のプランになると思うので、不足分+αを出国前にChinaUnicomの公式サイトでチャージ(網上増値)しておきましょう。右下のフォームに入力するのはID/PASSではなく、上下とも電話番号です。

 なお「1ヶ月パス/35香港ドル/100MB」のプランは罠です。100MBを使い切ると残りの期間は「2香港ドル/1MB」の従量課金になってしまい、1ヶ月が経過するまでは別のプランに変更することもできません。

「中港7日上網」 1GB/1週間/3000円くらい

 私が今回買ったSIMです。商品名にはmicroSIMとありますが、説明書きの通りnanoSIM+2段階のアダプタになっており、全サイズに対応できます。跨境王と違ってデータ通信専用ですが、レビュー見る限り実績は豊富なので、まぁ大丈夫でしょう。

 

SIMロックフリー端末の調達

docomoAndroidSIMロック解除

 2011年4月〜2015年4月発売の端末なら、ドコモショップで3240円払うとSIMロックを解除してもらえますテザリングできないのが玉に瑕ですが、高機能なSIMフリー端末を安価に入手できるので、オススメです。

ブックオフスマホをもらう

 部屋に転がってる古い携帯を売るとスマホが貰えます。翌月末までに解約すれば合計4298円です。端末性能はしょぼいですが、それなりには使えます。旅行用としてはカメラがしょぼいのが残念ポイント。

1万円前後のちょっといい端末を買う

coviaのFLEAZ F4s+freetelのpriori2など。priori2くらいだとカメラ画質もだいぶマシになってくるようです。

その他

 docomo以外でも、機種によってはSIMロックを解除できることもあります。手法によってはリスクを伴うこともあるので、良く調べましょう。

 iPhone6新品SIMロックフリーモデルは税込93744円です。円安だなぁ。

 華強北(深センの電気街)で「秋葉原が世界最大の電気街だと思ってた時期が僕にもありました...」と呟きながら山寨機を現地調達するのもオツかもしれません。多くはGSMなので通信速度はkbps単位です。まともな端末は深センでもそれなりの値段です。

 

現地回線を使いつつ、VPNで金盾を超える

 ホテルやカフェなど、Wifiが提供される場所も多いのですが、これらは当然金盾の制約を受けます。ですが、国内でVPNサーバを用意しておけば突破できます。

 少々面倒でも複数の手段を用意しましょう。

 やや高級なホテルでは、香港経由の金盾回避回線をウリにしていることもあるようです。

業者の提供しているVPNを使う

 いくつかの業者がまさに金盾回避目的でVPNを提供しています。前回の旅ではホープムーンを使わせて頂きました。初月無料の月額300円ですが、安いぶん速度は遅めかも。

自分でVPNサーバを立てる

 機種によっては家庭用ルータでもVPN機能がついてるらしいです。お手軽。

 自分でLinux上に立てると色々と勉強になりそうです。Raspberry PIでも十分な速度が出るらしい。良い時代ですね。

 家に置きっぱなしのMacがあるならOSX Server化するのも面白いかも。2400円でアップグレードできます。TimeCapsule代わりのバックアップサーバとしても使えるようになるらしい。

 他にはVPSを借りてVPNサーバとして使う手もあるようです。家庭の回線より安定するのかもしれませんね。

 

 

もう一つのオススメ:郷に従ってみる

 金盾を受け入れてみましょう。それは単にGoogleFacebookと使わないで過ごすだけに留まらず、グレート・ファイアウォール内に広がる「もう1つのインターネット」を体験することを意味します。

 海外の何もかもが繋げないわけではなく、例えば Yahoo! JAPAN は使えました。Slackも半年前は使えたけど、今はどうかな。現地の地図はGoogleMapsよりBaidu Mapの方が詳しいようです。

 同行者がいるなら、金盾内外問わず使える「WeChat」には是非登録すべきです。ほぼLINE。LINEより良いところもあって、たとえば(今は亡き)Google Latitudeのように自分の座標を友達に公開し続けらられたりします。なぜかトロやミッフィーのスタンプがあります。

 メジャーなサービス/アプリの完成度はとても高く、「パチもんしか使えなくてかわいそう」的な認識は吹き飛ばされると思います。毎年日本の10倍の労働者が供給される国がエンジニア育成にも力を入れ、既存サービスの良いところを取り入れつつローカライズしたものを提供してるわけで、出来の悪いわけもなく。金盾は検閲にも利用されましょうが、主要な目的はむしろ、国内インターネット産業の保護なのでしょう。

 そういう観点だと、日本は実にアメリカ文化で。例えばヨーロッパは結構アメリカの巨大企業に厳しいんですよね。MicrosoftIE統合を禁じたり、AppleにmicroUSBアダプタを同梱させたり、フランスでAmazonが送料無料禁止になったり。そのへん日本は割と独占を受け入れがちというか。まあ良い面も悪い面もあるとは思うんですが... とか色々考えるきっかけになったので、行ってみて本当に良かった。高須さんありがとう。(この話はまだ続きます)

Apple Watch雑感、Pebbleとの比較

kusigahama2015-04-30


 買ったのは38mmのSportモデルです。

良いとこ

  • 通知機構がスマート
    • iPhone操作中は通知がこない
      • ここはiOS+他社スマートウォッチの組み合わせだと実現させてくれない部分なのかなー
    • LINEスタンプが画像として表示される
      • iPhone本体ですらできないのに。
      • 通知を受け取るのが各アプリゆえの柔軟性か。
    • iPhone側に入ってるアプリのうち対応してる時計アプリを一括インストールしてくれたりとか親切
  • 質感
    • 本体部に高級感はある (Pebble比)
    • ベルトは普通にシリコン
  • 電池はどうにか1日持つ
  • UIが滑らかで気持ちいい
    • PebbleがPalmを想起するのに対し、APpleWatchはいかにもiOS的。竜頭はCLIEっぽいが。特許切れたのかな? 刻みがデジタルなとこが差異? 回す方向が違うか。
  • アクティビティ系機能も良さげ(そこまで使い込んでないけど、最初からそこそこの完成度)

残念なとこ

  • 普段は画面が真っ黒
    • 「手首を持ち上げると表示」ジェスチャはごく自然だし精度も高めだが、とはいえ認識しないこともある
    • ずっとWatchFaceが表示されているPebbleと比べて最大の負けポイント。
  • 毎日充電する必要がある
    • Pebbleは4-7日持つ。毎日の充電物が1つ増えるだけとはいえ若干だるい。
  • 高価
    • 税込み46224円。$99のPebbleと比べるとあんまり雑には扱えないというか、お時計様。

その他

  • 新ガジェットとしての自慢ビリティは、ぼちぼち
    • 完成度は高いし、あるべき姿だとは思うんだけど、小さいせいか迫力には欠ける。
  • Pebblerが屈辱感を覚える程度には高級感がある。ぬるぬる動く。ぬるぬるが実用性に結びついているかというと、うん、物理ボタンよりはこっちの方がうまく情報をブラウズできる。ただ、ブラウズするならスマホ開けばいいんだよな。実用上はファーストビューの時計/通知が全てで、それならPebbleでも勝負になってしまう。
  • まさに小さなiPhoneで、技術がぎゅっと詰まった素敵なオモチャなんだけど、それを活かすアプリはこれからかなーという感じ
  • アプリが通知を解釈してるのがやっぱ強みだよな。Amazonから新刊通知が来て即ポチ、数分後には鞄の中のiPad電子書籍がダウンロードされてる、みたいなことできそうか
  • 今なんとなく注文しとけばアプリが充実してきた頃に届くんじゃないでしょうか。

 

  • (当たり前だけど) ワンクリックで独自ファームが入ったりはしない
    • やー、Pebble、ユーザが独自に日本語化とかそういう懐かしいワクワク感があるんですよ。「PDA」が好きだった人は是非買いましょう。
  • Pebbleは文房具、AppleWatchは意外と実用的なおもちゃ、という感。

 

  • 5月にはPebbleの後継機たる、カラー端末Pebble Timeが届く予定なので楽しみ。 
  • 色々と変なスマートウォッチが出てきて欲しいな。AppleWatchが今の価格帯から降りてくるのは当分先だろうし、まだ勝負になると思う。たまごっちとかテトリンみたいな流行り方を期待したい。
    • LINEのスタンプを選んで返信することに特化した何かとか...それはむしろAppleWatch向けか

ニコつまの変遷

2007年


vipみたいにバカして遊ぶって考えが無くなっちゃったからつまらないんだよ
完成された創作物をちょこっと改造して遊んでたのが前のニコニコなら、今は個人が作り出してるから・・

2008年


端的に言ってしまえば、その原因は「MAD動画の台頭」です。
ニコニコ動画黎明期は、一次創作物が中心だったように思います。


できた当初からニコ厨という言葉ができたようにアンチニコ動な人々はいたけれど、
最近の発言はニコニコ動画のユーザーからつまらないという発言が出てきたところが興味深い。

2009年


当初はつまらない動画をコメントでおもしろくするみたいなことが言われていたけど、そういうことができる動画って絶滅危惧種ですよね。


無料で利用できるがために
リアル小中学生も動画をバンバンアップしてる現状だし。

2010年


そうやってネット上のクリエイターも「権利者削除」を持ち出すことが、ニコニコ動画ピアプロで常態化したとき、その先そこに一体どんな「文化」がありうるのか?僕は大変不安になったりもするわけです。


ニコニコ動画がソーシャルに舵を切れば切るほど。サイトがおもいっきり平均化されたものになればなるほど。
どっか切ないなぁとは思ってしまうのです。

2011年


適当にやってもそれなりの再生数を稼げるだけのファン(視聴者)を獲得してしまったから。


なんとなくコメントがつまんないなあと思う。

2012年


悪い意味でお行儀のいい動画ばかりになったな

2013年


投稿者は「友達」感覚の方が、ニコニコとしてはよかったのかもしれない。
今は「神」が増えすぎたんじゃないかなぁ。

2014年


ドワンゴの会長がネットとリアルの融合だとか出会い系推奨だとか言い始めたあたりから雲行きが怪しくなったイメージ


ニコニコ(てかサブカル)は有名になりすぎたんだと思いますね。

2015年


ヒカキンの足元にも及ばん


作者側の匿名性が次第に失われていったことが一番に大きい。あとは時間。匿名性がなくなったコミュニティは時間で次第にたこつぼ化していく

 

 

 

 2006年末のサービス開始から1年も経たずに「昔は良かった」的な人々が回顧している。初期ニコ動の象徴とされることも多いMAD動画が新参として疎まれてた時期があったのは興味深い。黎明期はYouTubeに丸あげされた一次作品にコメントをつけるサイトだったんだな。それらは著作権者により削除されていったが、利用者が増えるにつれてコンテンツ配信サイトとしての価値を見出され、アニメの公式配信が始まる。「誰かとわいわい見てる感」はhuluやバンダイチャンネルにはない強みではあり、原点回帰っぽい。

 3DSに対応したことで小学生が増えたというのは事実だろうが、2007年後半の時点で「最近はガキが増えた」という書き込みもある。当時の小学6年生がそろそろ20歳。周りがガキになったというより君が大人になったんだよ感もある。

グリフハック下手な彼氏と別れたい


Q. 彼氏がエージェントなのですが、グリフハックが下手クソなのです。「図形は覚えてるがスマホの反応が悪い」なんて言い訳して、シャツの裾で拭ったりしています。別れた方がいいでしょうか。

 グリフハックに失敗する彼氏、嫌ですよね。

 でも、もし本当にスマホ画面が原因だとしたら? 彼を見限る前に、傷だらけのフィルムを剥がしてフッ素コーティングをしてあげるべきかもしれません。

 http://www.apeiros.jp/Fussode_COAT/Fussode_COAT.html

 

 というステマはどうだろうか。実際ツルツルになって指が引っかからなくなるので(ingressに限らず)お勧めです。MacBookトラックパッドの滑り改善にも使えます。僕は2本使い切って4本セットを買いました。なんかデザイン変わってるけど。

電子書籍に向かないKindle、動画に向かないiPad

 iPadは横画面での動画視聴にあまり向かない。上下に黒帯が入るうえ、スピーカーが片側に寄る(イヤフォンなら良いが)。一方で電子書籍には向く。4:3の縦横比が生きる。

 Kindle Fireシリーズは横にした時のスピーカー位置が適切で、画面も16:916:10なので、違和感なく動画を視聴できる。反面、電子書籍では(1ページ表示でも、見開きでも)表示領域の無駄を避けられない。

  iPad Kindle Fire Androidタブレット
横画面時の音 片方に寄る 問題なし 寄るのが多い
解像度 4:3 電子書籍向き 16:10 動画向き ほぼ16:9か16:10
電子書籍アプリ 多数 Kindleのみ 多数(iBooks以外)

 KidnleではKidnle本しか読めないのは難点。電子書籍市場の独占が良い結果を招くわけもないので、できれば他社も使ってゆきたい。

 動画にはKindle、マンガにはiPad、小説にはkobo miniを使うことにしよう。

今年いちばん持ち歩いたのはkobo miniだった

kobo mini


 ふだん鞄に入ってる暇つぶしアイテムといえば文庫本でしたが、軽くて小さくて読み終わる心配がないのでkobo miniに置き換えました。数年前から視力が低下したこともありまして。眼鏡なしで快適に読めるのは電子書籍最大のメリットと思います。

 スマホは別途ポケットに入ってますが、あれはインターネットに繋がってしまうのでいけません。TwitterFacebookはてブなどは無限の世界であり危険です。外出中にスマホの電池を温存しつつ時間を潰せるのは専用デバイスならでは。例えば衝動的に飛び乗った遠距離深夜バス内でも、文字をどでかくすれば車酔いせずに読むことができます。

 koboは本の実質価格の安さの他、フォントサイズをkindleより細かく設定できたりします。UIのダサさは言語設定を英語にすると軽減されます。kobo miniは最新Kindle比で2-3世代前の電子インクなので、ページめくりは遅いです。解像度も低く、マンガを読むには向いていません。文章を読むことしかできない単機能なガジェットです。

 ある面では理想のガジェットを求める旅は終わり、私はついに答に辿りついたのかもしれません。他の高価なデバイスたちは、常に持ち歩くには重いか、バッテリが持ちません。それでいて必ずしもkobo miniより優れた娯楽を提供してくれるわけでもないのです。1冊につき数MBの小説を入れるだけなら、1.3GBのフリーエリアは途方もなく広大な空間に思えます。

 この機種は実に唯一無二で、「kindleではない」「普通のサイズではない」「同サイズの後継機種は出ていない」「生産終了してる」「所有者少ない」とマイナーPDA愛好家の残念な選民意識が満たされることおびただしく、「ん、まぁ僕は小説が読めればいいのでね」とか言い出しそうで本当に気持ち悪く、スマートフォンは普及し過ぎであり、W-ZERO3使ってたくらいで威張るな、Palmが滅んだ理由についてこれから一晩語るからまあそこに座れ。

 このエントリはねとけんアドベントカレンダーの幾日目かの記事です。